低糖質食材が一目でわかる早見一覧リスト

「低糖質な食材を選びたいが、どのように選べば良いかわからない」という方が多いのではないでしょうか。

健康意識が高まる中、糖質が低い食事をとる方が増加の傾向にあります。しかし、間違った知識で低糖質食材を選んでいる方が少なくありません。この記事では、日常的に摂取する食材の中で、特に糖質が低いものを解説しています。糖質に気をつけて食事を行いたい方はぜひ参考にしてみてください。

低糖質食材とは

低糖質食材とは、食品に含まれるエネルギーの三大栄養素の1つである糖質の含有率が低い食材です。低糖質食材を食べても、血糖値はあがりにくいので、中性脂肪を体内に溜め込む役割を担うインスリンの分泌量をおさえることができます。そのため、ダイエットやメタボリックシンドロームを治療する食事療法で摂取することが推奨されています。

低糖質食材のメリット・デメリット

低糖質食材を使用するメリットは、糖質を抑えたまましっかりと食事が行えることです。糖質制限を行う際に低糖質食材を利用することで、脂肪がついてしまうのを抑制しながら、しっかり食事を行えます。空腹感を感じずにダイエットができるので、継続しやすいでしょう。

しかし、糖質が不足した場合も健康リスクが発生するので、注意が必要です。糖質が不足すると低血糖状態に陥ります。軽症であれば空腹感や疲労を感じる程度で済みますが、深刻な状態になれば、目まいや動機を伴います。低血糖状態になることを回避するためには、健康的で適量の糖質が含まれた食事を取ることが大切です。

低糖質食材かどうかは栄養表示で確認しよう

全ての消費者に販売される加工食品や添加物には、政府が定めた食品表示基準に基づいて、その容器包装に栄養成分を表示することが義務付けられています。食品を購入する際は、栄養表示で糖質の量を確認するようにしましょう。

糖質制限の食材について解説

糖質制限をするには、どのような食材に糖質が多いか把握する必要があります。ここでは、代表的な食材を解説しています。糖質制限を行う際は、参考にしてみてください。

低糖質食材

糖質の含有量が少ない食品の代表格は以下の通りです。

  • 魚介類
  • きのこ
  • 葉野菜
  • 大豆

主菜で糖質が少ないのは肉や魚介類です。牛肉、豚肉、鶏肉に加え、羊や馬などのジビエ肉は糖質が低いです。 また、魚介類も糖質が少ない食品です。ただし、加工肉やねり物には砂糖が多く使われている場合があるので注意が必要です。

副菜では、葉野菜やきのこ、豆類を使用できます。レタス、キャベツなどの葉野菜は糖質が低いので、サラダなどに利用可能です。ただ、ドレッシングに糖質が含まれていることが多いので、注意しましょう。

えのきやしいたけなどのきのこ類は糖質が少ないので糖質制限におすすめです。豆腐などの大豆食品も糖質が少ないので、お味噌汁などに使用してみましょう。

糖質が豊富な食材の一覧

糖質が豊富で、糖質制限時に避けたい食べ物は以下の通りです。

  • 主食の穀物(ごはん、うどん、食パンなど)
  • 果実(りんご、バナナなど)
  • 一部の野菜(かぼちゃなど)
  • 芋(さつまいも、じゃがいもなど)
  • 根菜(にんじん、ゴボウなど)
  • 甘味料
  • 一部の調味料(ケチャップ、ソースなど)
  • 牛乳・ヨーグルト
  • 野菜ジュース

米(ご飯)や麺類、パン類などの主食は糖質が豊富なので摂取量に注意しましょう。また。根菜類は野菜ですが、糖質が多く含まれているので、食べ過ぎないようにする必要があります。

低糖質食材を摂りたいなら「あまみちゃん」がおすすめ

低糖質食材を摂りたいのであれば、普段使う砂糖を「あまみちゃんに」変えることをおすすめします。「あまみちゃん」は私たちが提供している低糖質甘味料です。砂糖を同量置き換えるだけで、糖質98%オフ※、カロリー82%オフすることが可能です。(※エリスリトールを除く糖質)

そして、糖質制限のダイエットをしながら不足しがちな食物繊維もたっぷり摂取することができます。また、原材料はすべて天然由来成分ですので、人工甘味料に懸念がある方でも安心してご使用頂けます。

「あまみちゃん」を砂糖の代わりに使うことで、糖質の摂取量を抑えながら食物繊維を摂取可能です。普段の料理を低糖質なものにすることもできるので、ぜひ使ってみてください。

まとめ

この記事では、低糖質食材について以下のポイントを解説しました。

  • 低糖質食材の概要
  • 低糖質食材のメリット・デメリット
  • 低糖質食材としておすすめする食材

糖質制限を行う際は、低糖質の食材を選んで食べる必要があります。低糖質食材は、食品や調味料の包装材に表示されている栄養成分で確認することが可能です。食材を買う前に成分表を見る癖をつけましょう。

砂糖を低糖質なものに変えたいのであれば「あまみちゃん」を使うことをおすすめします。「あまみちゃん」を活かした料理やお菓子を作ることで、無理せず糖質制限を行うことができるでしょう。

糖質制限ダイエットを行うのであれば、「あまみちゃん」を使って料理を工夫してみましょう。